ピアスの穴あけ

スポンサードリンク

ピアスの穴あけには自分であける方法と病院に行く方法があります。 キットを買って自分であければ安く済みますが、アレルギーや キチンと ケアをしないことで炎症を起こすなどのトラブルは避けたいですね。 初めての場合は病院に行くことをお薦めします。

ピアスの穴あけの位置

ピアスの穴あけの位置は重要です。耳にはツボがたくさんあります。ツボを意識してあけてくれる病院を選ぶ方がいいと思います。 ピアスは憧れますね。耳元に光ものがあると化粧をしていなくとも、顔が美しく見えます。

スポンサードリンク

ピアスの穴あけの料金

ピアスの穴あけの料金ですが、例えば、高洲クリニックでは 両耳は 5,250円  おへそ・鼻は  12,600円からです。
青山にある皮膚科では 両耳  5,250円  片耳  3,150円です。

ピアスの穴あけの痛み

ピアスの穴をあけの痛みは一瞬です。ピアスガンで一瞬で開ける方法が一般的です。強い痛みは感じませんが、緊張が強い場合は気分が悪くなるなどの症状も 現れます。一瞬のことですのでリラックスしましょう。歯科治療の痛みより弱いと思います。出血もほとんどありません。 どうしても心配な場合は麻酔をすることもできます。

ピアスの穴あけ 病院

ピアスの穴あけのためには、病院か美容クリニックへ行くのが安心だと思います。自分であける場合、まず衛生面が心配です。また、 位置がずれてしまったり、ケアをきちんとしなかったことなどにより、 炎症を起こしてしまう場合もあります。何も起こらなければ、通院する必要はないですが、 穴が完成するまで1ヶ月ほどかかるので、消毒は怠らないようにしないといけません。 耳はツボもあり、格好だけであけるとよくないこともあります。 特におへそや鼻へのピアスは痛みをかなり伴うこともあり、麻酔ができるクリニックをお薦めします。 東京や大阪、名古屋などの大都市でなくとも美容クリニックはあります。また、皮膚科でもあけてもらえます。

ピアスの穴あけを無料でする方法

ピアスの穴あけを無料でしてくれるところもありますが、やはり衛生面が心配です。 細菌感染により炎症を起こしてしまっては無料の穴あけが治療によって、もっと高いものになる可能性もあります。 炎症で痕が残るなどのトラブルを避けるためにもきちんとした医療設備のある病院であけることにしましょう。

ピアスの穴あけの方法

ピアスの穴あけ方法として、自分でファーストピアスを用意するのもいいですが、病院ではアレルギーの少ないチタンやシリコンを使ったピアスを用意しています。 アレルギーが全くなかった人でも、ピアスを付けたとたんアレルギー反応を起こす人もいますので、 病院で用意されているものがいいでしょう。 どうしてもお気に入りのファーストピアスを付けたい場合はドクターに相談してください。 1〜2ヶ月はファーストピアスをつけたままにします。 穴をあけたその日はシャンプーは避けたほうが良さそうです。 1ヶ月くらいはスイミングも避けてください。

ピアスの穴あけの関連記事