穀物コーヒー

スポンサードリンク

穀物コーヒーはノンカフェインのコーヒーです。中でもオーガニックの材料で作られた穀物コーヒーがお気に入りです。
原材料は小麦、麦芽、ライ麦、いちじく、どんぐりなどが主ですが、豆を使ったものもあります。
ノンカフェインなので子どもから妊婦さんまで飲むことができます。深い味わいはあまりありませんが、焙煎してあるので香りはコーヒーのようです。

タンポポコーヒー

ノンカフェインのコーヒーとして、タンポポコーヒーもあります。タンポポの根が主な原料です そのほかに豆類や野草が入っています。タンポポの根を焙煎しているので香りがコーヒーのようです。

スポンサードリンク

穀物コーヒーのいいところ

穀物コーヒーのいいところは、ノンカフェインですからコーヒーが飲みたくても飲めない妊婦さんやあまり飲むと 胃の調子がすぐれなくなる人も飲めますし、もちろん麦芽飲料ですので子どもでも飲めます。 むしろ子どもにはこの味は好かれると思います。普通のコーヒーのように苦くなく、香ばしいく、かすかに 甘さを感じます。
普通の物は夜飲むと眠れなくなったりコーヒー中毒もありますが、穀物コーヒーは大丈夫です。落ち着いて眠れるようになる気もします。 コーヒー好きでなくてもこの穀物コーヒーは好まれると思います。 マクロビオテックをしている方には、カフェインの入っている飲み物は摂らないので、この穀物コーヒーがいいようです。

その他のノンカフェイン飲料

その他のノンカフェイン飲料には以下のものがあります。
紅茶:紅茶はカフェインが強いというのは知っていましたか?コーヒーと同じくらい強いのです。 寝る前に紅茶を飲むと眠れなくなります。その紅茶にもノンカフェインはあります。

緑茶:緑茶もカフェインが強い飲み物です。その証拠に朝は緑茶を飲みますが、夜はほうじ茶という家庭が多いのでは ないでしょうか。ほうじ茶はカフェインが少ないのです。子どもも飲めるように夏はノンカフェインの麦茶ですね。 昔からの日本の慣習は理にかなっているのです。
緑茶のノンカフェインはありませんが、緑茶の代わりにハスの葉茶、どくだみ茶、はとむぎ茶、ばなば茶、びわの葉茶 など日本にはいろいろなお茶がありますから、気分に合わせて選んではどうでしょうか。

スターバックスのノンカフェイン

スターバックスのノンカフェインにもディカフェというノンカフェインの物があります。 コーヒー好きなのにカフェインはいらないという人でも大丈夫ですね。

穀物コーヒーの関連記事