逆さまつげとは?

スポンサードリンク

逆さまつげとは、まつげが内側に向かって生えてしまい、それによって目にささりチクチクしたり、目やにがでたりします。
医学的な専門用語では、睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)といいます。

逆さまつげの手術は保険がききますか?

逆さまつげの治療のための手術は、美容のためではありませんので健康保険がききます。 手術をされる際は医療機関にお尋ねください。

スポンサードリンク

逆さまつげの治療

逆さまつげの治療は一重の人なら、二重にすることでほとんどが改善されます。
一重の人の逆さまつげは、まぶたがまつげに重なってまつげを押さえている場合が多いのです。 年をとってまぶたが重なり逆さまつげになってしまったような場合は、まぶたの皮膚を少し切除することで 改善されます。部分麻酔でできるので入院は必要ありません。
何本も逆さまつげがなく、それほど気にならないようであれば、逆さまつげだけを抜く方法もあります。 これは清潔なピンセットなどを使えば、自分でできるので費用はかかりませんが、やはり無理に抜くことになるので 炎症を起こす可能性もあります。 無理に抜くと、新しく生えてくるまつげが太くなるという話もありますので、眼科に相談されるといいと思います。

逆さまつげの手術費用

逆さまつげの手術は、二重(ふたえ)の手術の費用が適用されるようです。
まぶたの一部を埋没させる方法は、美容整形では5〜8万(両目)です。
脂肪を切除して二重にする方法は、美容整形では15〜20万(両目)と幅があります。
逆さまつげの場合は、健康保険が適用される場合が多いので、埋没方なら両目6,000円というところもあるようです。

赤ちゃんの逆さまつげ

赤ちゃんは目の周りに脂肪が多く、まぶたがまつげを押さえるため逆さまつげになりやすいようです。 目やにや充血などが起こることもありますが、赤ちゃんのまつげは柔らかいので刺激はあまりないと思われます 実際、まつげが目の中に入っている赤ちゃんを見ましたが、何事もなさそうにしていました。。
また、育っていく段階で顔の脂肪もスッキリしてくるので、あまり神経質になることはないと思います。 目やには清潔なガーゼで取ってあげましょう。
赤ちゃんが自分でこすってしまうこともありますので、赤ちゃんの爪は短く切っておいてください。 どうしても気になるときは、眼科に相談してみてください。
幼児期になっても逆さまつげが気になるときは、眼科に行かれることをおすすめします。

まつげパーマ

逆さまつげの防止にまつげパーマをかける方法もあります。
まつげパーマは永続性がないので、頻繁にかけることになります。パーマ液などの目への影響のことも考えて かけてください。

逆さまつげの関連記事