車酔い

スポンサードリンク

車酔いはつらいですね。赤ちゃんや妊婦さん、犬や猫もなります。 最近の子どもは車に慣れているので、だいぶ少なくなったようです。

赤ちゃんや子どもの車酔い

赤ちゃんの車酔いは、車に慣れていないためだと思われます。 車に頻繁に乗る赤ちゃんはほとんど酔わないです。実際、子どもも自分の家の車では酔いませんが、 乗り慣れていない他の人の車や、大型バスなどで酔う場合があります。

スポンサードリンク

車酔いの原因

車酔いの原因はいろいろありますが、体調によるものがほとんどだと思います。寝不足だと普通平気な人も、 酔う確立は高いです。 空腹や満腹すぎても酔います。また、乗る前に消化の悪いものを食べ過ぎると車酔いします。 妊婦さんもホルモンバランスが変わったことで、妊娠する前は全く酔わなかった人酔う場合があります。 自分の運転では車酔いしない人も、他の人の運転でする場合もあります。
犬の車酔いは、おそらく車に慣れていないためで、何回かは仕方ないと思いますが、慣れるにしたがってなくなるでしょう。 タバコの匂いで車酔いする人もいるので、タクシーで酔う場合があります。 その場合は禁煙タクシーにした方がいいですね。

車酔いの対策

車酔いの対策は、乗る前に睡眠をたっぷりとることです。また、消化の悪いものを食べないこと、空腹や食べすぎを防ぐこと。そして、「車酔いしない」と思い込むことが重要のようです。 どうしても不安な場合は酔い止めを乗る30分前には飲んだ方がいいでしょう。
子どもには甘みの少ないラムネなどを用意して、「これをなめていたら車酔いしないよ」と言うだけで大丈夫な時もあるので試してみてください。 ミントが入っている飴は気分を爽やかにしますので、自分用には「これをなめておけば大丈夫」と言い聞かせて いつも持っているのもいいと思います。 また、バスに乗るときは後ろの席やタイヤの上の席などは避け、前と後ろのタイヤの間の席にすわらせてもらうのがいいようです。
酔いやすい人は、車やバスの中で食べ過ぎないことや、本を読んだりゲームをするのは控えましょう。 下を向くと、どうしても酔いやすくなります。 妊婦さんの場合は、ゆっくり運転してもらうように頼んだ方がいいと思います。かなり改善します。

車酔いの治療

車酔いの治療は特にないので、酔いそうだと思ったら早めに車から降りて新鮮な空気を吸うことです。 それができないときは車の中で寝てしまうのが一番ですが、酔ってしまった場合はそれもむずかしいですので、 外の遠くの景色を見るだけでも違うと思います。

車酔いにいいツボ

車酔いにいいツボは、「内関」といって、手のひら側で手首のところから指三本分下がった、真ん中です。 ここを車に乗る前に押さえておくといいようです。 酔ってしまった時は強めに押さえてみて下さい。

車酔いの関連記事