ぎっくり腰治療法の一番の方法

スポンサードリンク

ぎっくり腰治療法は安静が一番のようです。横向きになって寝る姿勢がいいようです。 痛み止めの薬、牽引、腰ベルトなどで固定というのが整形外科の一般的な対処法です。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因は急な動作が引き金になる場合が多いです。それは運動不足や肥満が影響していると思います。 体の柔らかい子どもには起こる確率は低いので、運動を心がけることが予防につながると思います。

スポンサードリンク

ぎっくり腰治療法は安静に

安静が一番ですが、何日も寝てられない場合もあるでしょう。ひねってしまった腰と逆の方に腰を曲げるという荒療治も ありますが、無理は禁物です。まず、病院に行くことをおすすめしますが、 自分で対処するのならば、患部を冷やしながら横向きの姿勢で寝ているのが一番のようです。

ぎっくり腰治療法体験談1

わたしがぎっくり腰になった時のぎっくり腰の治し方ですが、きっかけは思い荷物を横向きの状態で持とうとしてなってしまいました。 痛かったのですが、その時は歩けたので家まで歩いて帰りました。帰ってからだんだん痛みがひどくなり、すわったら、一人で立てない 立ったら座れない状態になってしまったので、整形外科に行きました。電気治療みたいなものをしたのですが、 歩けるようにはなったものの3日くらい通ってもあまり良くならないので、行きつけの内科医に行ったところ、 うつぶせになり足をクロスした状態で、何かを注射したら治ってしまいました。 何を注射されたのかはわかりませんが、それからは再発していません。副作用もありません。
何年かは時々腰に違和感があり、何かを取る時などは腰を曲げずに膝から曲げて取るようにしています。 その姿勢の方が腰には負担がないようです。 ずっとしていた水泳をしなくなり、寒くなってきた頃にぎっくり腰になったので、やはり寒さと運動不足は大きな原因だと 思います。

ぎっくり腰治療法体験談2

友人のぎっくり腰の治し方ですが、ぎっくり腰になった時歩けない状態だったので、車で整体院に送ってもらい整体を受けました。 その日に普通に歩けるようになり、その後は病院にも整体にも行っていません。
口コミで整体院を探しておくのもいいですね。 友人の場合は、子育てで疲労がたまっていたのが原因ではないかと言われたそうです。

ギックリ腰の症状

ギックリ腰の症状は軽い人から重い人までありますが、まず普通に歩けない、座る時にゆっくり座らないと痛い、 何かにつかまらないと立てないなどが主で、重症の場合は起き上がれない時もあります。

ギックリ腰の関連記事