アートメイクの除去

スポンサードリンク

アートメイクの除去は医療機関でした方が安全だと思います。 アートメイクは危険なものではないというのが知れて、一般的になりました。やり直したい場合や流行が変わり眉の形を変えたいなどの希望で除去することはいつでも できます。

アートメイクの除去の術後

アートメイクの除去の術後は皮膚が敏感になっていますので、その部分のお化粧は1週間ほど避けたほうが いいと思います。

スポンサードリンク

アートメイクの除去 方法

アートメイクの除去の方法としては、レーザーが一般的です。アートメイクは本格的な刺青(いれずみ)と違い安全な染料を浅く入れてあるので、レーザーで除去 するのは簡単です。アートメイクは自然に消えていきますが、技術の違いにより浅く入っているところを深めに入っているところがあるので、なかなか消えない部分も出てくることがあります。 痛みに敏感な方は麻酔もできます。その場合は医療機関でなくては出来ません。 レーザーでの除去はアートメイクだけでなく、しみやほくろ、あざなどの除去もできます。 眉のアートメイクもいぼやほくろなどと同じように3〜5分で除去できます。

アートメイクの除去ができる、東京・大阪の機関

アートメイクの除去ができる、東京・大阪の機関

東京  立川中央美容整形クリニック   TEL 0120-171-630
タカミクリニック南青山           TEL 03-5414-6000
大阪  美容皮膚科 スキンクリニック    TEL 06-6455-0011  東京にもあります。

アートメイク

アートメイクとは汗や水でも落ちない眉やアイラインのメイクのことです。皮膚の下0.01ミリのところに人体に安全な色素で染色します。 浅く染色するので、個人差がありますが3〜5年で薄くなっていきます。

アートメイクのモニター

アートメイクのモニターをする場合、熟練した施術師がするのではないので、必ずしも左右が対象にならないということを覚悟してされた方がいいと思います。色の具合も左右対称にならない場合もあります。 目のアートメイクの場合は敏感な場所なので、やはり熟練した施術師にしてもらった方がいいと思います。 モニターをする前にやり直しができるかどうかは、確認した方がいいと思います。 また、医療機関でない場合は、麻酔ができませんので、試してみてかなりの痛みを感じる人もいれば ほとんど感じない人もいます。痛みが激しい人は無理をせずに医療機関でのモニターの問い合わせをしてみるのも いいと思います。

アートメイクの除去に関連する記事