タカラトミーいえそばって?

スポンサードリンク

タカラトミーいえそばというのは、お家で蕎麦を作ることのできる簡単なマシンです。 そば粉から蕎麦になるまでが20分、切るのも打つのもマシンがやってくれるので打ち立ての蕎麦がお家で食べられます。

タカラトミーいえそばの価格

いえそばの価格は標準価格で13,125円で販売してますが、10,000円くらいから楽天などで扱ってます。

スポンサードリンク

タカラトミーいえそばを使ってみる

タカラトミーいえそばを使って蕎麦を作る順番です。
1.マシンをセットする。
材料を準備する。初めはまとまり易いように小麦粉が大目の方がいいようです。
2.水回し。そばと水を合わせる作業です。ここは難しい作業なのですが、マシンなら簡単です。 粉と水をマシンに入れてしっかりかくはんします。 120回〜150回。
3.くくりといわれるこねをします。生地に空気が入らないようにこねます親指の根元に体重をかけるように練りこみます 。40回〜50回。 できたら2つに分けラップにくるんで、乾かないようにします。
蕎麦生地がひび割れていたら、手に水を付けてこねをやり直します。
蕎麦生地がベトついていたら、小麦粉を振りこねをやり直します。
4.のしの作業です。
麺棒を使わなくても手で、幅7センチ厚み1センチくらいに伸ばせばいえそばのマシンに入りますので、 そのくらいに伸ばしてください。2段階に分けて伸ばします。
5.切ります。これもマシンで簡単です。

タカラトミーいえそばは楽しい

タカラトミーいえそばは楽しいですね。蕎麦は打ちたてが一番おいしいのですが、家で作るのは道具も揃えなければならないし、 素人がおいしく作れるようになるには何度も作らなくてはならないようです。
そば打ち道具は場所をとるのでよほど好きでなければ家ではできないですね。 そば打ちを習ったことがありますが、蕎麦粉と水を合わせる水回しという作業からのすところまで、簡単なようで実は 奥深かったです。のしている間に水分がぬけてパサパサになってしまいました。
いえそばなら、その作業を1台マシンでできるので楽しいです。 パスタマシンのようにのして切るだけでなく、同じマシンでそば粉を水を混ぜこねまでできるので場所もとらなくていいですね。 おもちゃのようですが、これは立派な蕎麦マシンですね。うどんもできるので蕎麦アレルギーでも大丈夫ですね。

そばを食べる

そばを食べる時は切っている間にお湯を沸かし、切ってすぐに茹でるのが重要です。 そばを打ってからなるべく時間をかけないのがおいしさの秘訣。

つゆ

つゆも素人にはなかなかおいしいのは作れませんから、市販のものでもいいですね。 その味を覚えて、自分なりのつゆを作ってはどうでしょうか。 タカラトミーいえそばなら、蕎麦湯が飲めるのが大きなメリットですね。