脳貧血とは

スポンサードリンク

脳貧血とは急激な血圧低下によって起こる立ちくらみのことです。貧血と呼ぶこともありますが、医学的には別のものです。

脳貧血と貧血

脳貧血は一時的なものですが、貧血は血液中の赤血球が少なくなると貧血の症状が出ます。
特に多い症状は動悸・息切れです。 赤血球は体中に酸素を送る働きをしているので、充分な酸素が運ばれなくなると呼吸量を増やすことで補おうとします。
妊娠すると赤ちゃんのためにも血液がたくさん造られ、酸素も通常より多く必要とします。また、鉄分不足などで 妊婦さんも動悸やめまいに悩まされます。妊婦さんの場合は一時的な貧血だと思われます。

スポンサードリンク

脳貧血の原因

脳貧血の原因は、座った状態が長く続くと下肢のほうに血液が溜まります。そこから急に立ち上がることで頭に血液が不足して 血圧低下を起こし一時的にふらつきやめまいが起こります。
長風呂でのぼせてしまいお風呂から出たとたん、白目をむいて倒れてしまった 70代の婦人を見たことがあるので、年配の方は気をつけたほうがいいですね。その方は救急車が来た時は意識が戻ったので 脳貧血だったと思います。

脳貧血の症状

脳貧血の症状は立ちくらみのほか、めまい、ふらつき、動悸、息切れなどが起こる場合があります。 脳貧血の対処 脳貧血は一時的なものなので、対処法はしばらく動かないでいるのが一番だと思います。妊婦さんの場合もあせらず落ち着くことが重要です。

脳貧血の予防

脳貧血の予防は座った状態から急に立つことを避ければ、ほとんど起こらないでしょう。妊婦さんは出産をすれば貧血を 起こさない人がほとんどです。
ヘモグロビンが不足する貧血の予防にはサプリメントもいいかもしれませんが、脳貧血には必要ないと思います。
低血圧の人が脳貧血になりやすいということも聞きますが、そうとも限りません。事実、高血圧で高齢の人が 脳貧血になったのを見たことがあります。低血圧の人が通常の血圧にするのはむずかしいですが、めまいや立ちくらみの頻度が 多く気になる人は、運動を心がけ自立神経の働きを活発にして、血液循環を良くするのがいいと思います。無理なダイエットは しないようにしましょう。 高血圧の方なら食事に気をつけていればある程度血圧は管理できると思います。もちろん運動も大事です。 高血圧の人は脳貧血より脳溢血が怖いので、血液管理は必至のことだと思います。

再生不良性貧血

再生不良性貧血というのもあり、これは骨髄機能低下による貧血のことです。

脳貧血の関連記事