鼻づまり

スポンサードリンク

鼻づまりはつらいです。集中力が欠けます。特に夜つまると熟睡できず、何度も目が覚めたり口呼吸になったりと いいことがありません。点鼻薬で解消することもできますが、使いつづけるのは不安ですね。

花粉症による鼻づまり

花粉症による鼻づまりは、花粉を体内に入れないようにするために鼻腔が狭くなるためと、くしゃみや鼻水で 鼻の粘膜が荒れて、腫れることによりつまってしまいます。

スポンサードリンク

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因として風邪があげられます。風邪によるものは、ウイルスで鼻の粘膜が 炎症を起こし、鼻腔を狭めるために起こります。 また、日中はつまらなくても、夜つまる人はやはりホコリが原因だと思われます。 横になると鼻腔がどうしてもせまくなり、ホコリも床から30センチくらいのところに多くあるので つまりやすくなります。

鼻づまり解消法

鼻づまり解消法としてはつぼ押しや薬、点鼻薬があります。最近は貼るだけでつまりが解消される テープ状ものも発売されました。ブリーズライトというのが商品名です。 ブリーズライトというのは、プラスティックの反発を利用して鼻腔を広げるテープ状のものです。 ブリーズライトを鼻の上に張るだけで、効果がわかります。 つぼ押しはある程度解消されますが、またすぐにつまってしまいます。 飲み薬は短期間なら良いのですが、長期間だと副作用が心配です。 また、改善されたとはいえ、薬による眠気やだるさは個人差があり、人によってはかなりのストレスになります。 鼻はスッキリしたけど、喉の乾燥が気になる人もいます。

子どもの鼻づまり

子どもの鼻づまりも大人と同じように風邪や花粉症、ホコリアレルギーによるものがほとんどです。 赤ちゃんには使えませんが、点鼻薬は1日2日くらいなら使っても問題ないと思います。 注意書きには15歳以上となっていましたが、子供用の点鼻薬は市販されていませんので、どうしてもつらい 場合は短期間で使っても良いとドクターから聞きました。 花粉症の場合は飲み薬で解消した方がいいと思いますが、風邪の場合は1週間程度で治るものですから つまりがひどい時は点鼻薬ですぐに解消した方が、ストレスがなくいいと思います。 鼻づまりによる口呼吸 鼻づまりによって口呼吸をするようになると、空気中のいろいろなウイルスがダイレクトに体に進入することに なってしまいます。 また、舌や唇が乾くなどで他の病気も引き起こす可能性もあります。

鼻づまりによるいびき

鼻づまりによるいびきにもブリーズライトはいいようです。 いびきは病気によるものもありますが、鼻がつまることで口呼吸になりいびきをかきやすくなります。

鼻づまりの関連記事