低温殺菌牛乳とは

スポンサードリンク

低温殺菌牛乳とは63℃〜65℃で30分間殺菌する牛乳のことです。
通常は125℃〜135℃で2秒間殺菌する方法がとられ、こちらは一般的に超高温短時間殺菌法と呼ばれています。

低温殺菌牛乳のすすめ

低温殺菌牛乳をすすめるのは、牛乳はからだに良いと言われていますが、実は高温殺菌の牛乳では逆に体に負担が かかるという事実を知ったからです。

スポンサードリンク

低温殺菌牛乳の良さ

低温殺菌牛乳は低い温度で殺菌するため、たんぱく質やカルシウムなどの栄養分が変化が少なく飲んだ時に飲みやすいのはそのためです。味は高温とは比べ物にならないくらいおいしいです。 牛乳は時間が経つとともに体にいい細菌も悪い細菌も繁殖していくと言われているので、市場に出すには殺菌しなくてはいけません。多量に安価で市場に出すためには、低温殺菌は時間がかかりコストがかかりすぎるため 高温殺菌にしなくては採算が合わないのです。しかし、高温ではからだによいとされる細菌までなくしてしまい、 さらにたんぱく質やカルシウムは熱によって変化し、からだに吸収されないばかりか悪い影響を及ぼす場合もあるのです。牛乳を飲んでおなかゴロゴロする人はその変化した栄養素が原因なのかもしれません。

低温殺菌牛乳はほんとうにいいか

低温殺菌牛乳はほんとうにいいかということですが、いい水と良いエサで正しく育てられた牛から作られる低温殺菌の牛乳は良いものだと聞きました。
牛乳自体は栄養があり、人間の赤ちゃんもそれだけで育つのですから必要な栄養素が含まれているわけです。牛乳を批判している文献もありますが、人工的な飼料で育てられた牛からとった高温殺菌の牛乳について語っているのだと思います。 ただ、高温殺菌の牛乳を水かわりにがぷのみするのはあまりよくないと思います。

低温殺菌牛乳の宅配

低温殺菌牛乳の宅配も少ないですが、広まってきました。昨今、自然志向の人も増え、ロハスという言葉やスローフードという言葉も浸透してきました。
低温殺菌牛乳の宅配は南那須こぶしが丘牧場や、群馬県前橋市のKEIHOKUふるさと牛乳、北海道駒ケ岳牧場、また、鹿児島の生協 でも、宅配をしています。

ノンホモジナイズ

ノンホモジナイズとかかれている牛乳がありますね。ホモジナイズというのは、生乳に含まれている脂肪球を細かく砕くことで、時間が経つとともに牛乳の表面に浮いてくるクリームを出にくくする処理のことだそうです。 ノンホモジナイズはこの処理をしないので、脂肪球と脂肪球がくっついてクリームが浮いてくるのですが、飲む前に振れば元のようになります。より自然に近い状態といえますね。

低温殺菌牛乳を学校給食で

低温殺菌牛乳を学校給食で扱って欲しいと思いますが、人数も多いため、なかなか安定した供給ができず、難しいと思います。今は給食が食べられなくても放課後まで残されるというようなことはありませんから、気になる場合は 飲まなくてもいいのではないでしょうか。

低温殺菌牛乳の関連記事