キャベツダイエット

スポンサードリンク

キャベツダイエットは一時期話題になりましたが、他の方法やバナナダイエットが全盛になり やめた人も多いのではないでしょうか。
今度はキャベツダイエットでも、ゆでキャベツダイエットが効果があると人気です。 キャベツダイエットは、京都府立医科大学臨床教授の吉田俊秀教授が広めた方法です。

バナナダイエット

バナナダイエットが巷で話題になり始めた時、ちょっと心配だったのはバナナは南国の食べ物なので体を冷やすということです。
夏にバナナダイエットが流行ればよかったのですが、スーパーでバナナが品薄になったのは秋口だったと思います。
体が冷えると内臓が冷え代謝が悪くなります。あまり、効果が出なかった人が多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

キャベツダイエットは上戸彩さんもお気に入り

キャベツダイエットは上戸彩さんもお気に入りだそうで、ドラマの収録現場にも持参すると週刊誌の記事にありました。
上戸彩さんだけでなくスザンヌや中井貴一さんもこの方法を実行したとか。
中井貴一さんはドラマの役作りのために6ヶ月でキャベツ50個を食べて、9キロの減量に成功したということで キャベツダイエットをしたことになっているということです。

キャベツダイエットの効果

キャベツダイエットの効果ですが、キャベツはビタミンCが豊富で繊維質もあるので肌荒れや風邪、便秘を防止するのに 役立ちます。さらにビタミンA、K、U、B1も含まれています。ビタミンUは胃の粘膜を丈夫にする働きがあるので、 胃にも効果があります。
ダイエットする前に気をつけたいのは、 まず体重を気にする人は食べる量に対して消費するカロリーが少ないわけです。運動量が少ないのですね。 そこの基本を考えないと、キャベツダイエットやバナナダイエットにしても効果は期待できないと思います。
どんな方法も結局は食べすぎてしまえばダイエットにはなりません。 仮に食べるだけで痩せるというダイエット法が成功しても、筋肉を鍛えなければすぐリバウンドしてしまうと思います。筋肉を鍛えることで代謝が活性化されダイエットが成功するわけです。ですから、一日に必要な量のたんぱく質は必ず摂るようにしてください。単品ダイエットは危険ですね。痩せたけど健康を害してしまっては意味がないですね。

キャベツダイエットのレシピ

キャベツダイエットのレシピは生のキャベツダイエットであれば、キャベツ1個の6分の1をザク切りにし、食事をする前に10分くらいかけてゆっくりよく噛んで食べます。このよく噛むというのがキャベツダイエットを成功させる秘訣です。 よく噛むことで満腹虫垂が刺激され空腹感がなくなるのです。
太り気味の人は平均して早食いですね。脳が満腹と感じる前によけいに食べてしまうのです。
キャベツでなくともご飯をゆっくり30回くらいかけて噛むと甘みが出て、ご飯だけでもおいしいです。 3度の食事の前にキャベツを食べるということですが、3度が無理なら1度から挑戦してもいいですね。 何も付けない方がいいようですが、ノンオイルドレッシングやポン酢などならいいようです。

ゆでキャベツダイエット

ゆでキャベツダイエットなら、ビタミンCは多少壊れてしまうかもしれないですが、量を食べることができるので お薦めです。
生のキャベツはなかなか食べにくいですが、ゆでキャベツなら和風に塩やポン酢味だけでも量が食べられそうです。 飽きることを考えて生キャベツとゆでキャベツダイエットを交互にしてみてもいいですね。

キャベツダイエットと上戸彩さんの関連記事